ミャンマー2018年の活動

今年のミャンマー行きは4月26日からで、
マンガ家の馬場民雄氏が同行しました。
馬場氏には「虹色ラーメン」や「大介ゴール」、「火星のココロ」などの作品があり、
現在は白泉社で「ベランダビオトープ」を
連載中です。
5月末には、私が原作の「食事と漢方で治すアトピー性皮膚炎」を東洋学術出版社から出す予定で、まだ作画が終わってない状態での参加でした。恐るべし!マンガ家の〆切破り!!

ヤンゴンでスーレーパゴダの近くにて、オウンミン氏と馬場氏。オウンミン氏は日本語学校の校長先生になったので、 今回は参加できませんでした。

夏休みなので、生徒がいないスージーパン僧院学校。

古くなり、改築中の校舎。

奨学金の会計チェック中。

ホテルで偶然隣りの部屋になったのが、
通訳のティンエイ氏の高校時代の同級生で
ウィンナインさんという方。ペンネームは
オーピーチェイ。ミャンマーのマンガ家協会の議長をしておられる重鎮です。

左から私、馬場氏、ウィンナイ氏、ティンエイ氏。

夕方は恒例の、奨学生や先生たちとの
食事会で盛り上がります。

奨学生で既に医者になったミャッテターキンとヘインテココの姉弟が尋ねてきました。
ナルトが大好きというミャッテターキンが
馬場氏の仕事を見学し、似顔絵も描いてもらって、大満足。弟のヘインテココは翌日には自分のfacebookに似顔絵を載せていました。

奨学金の贈呈式。
高校生への奨学金1人分を60万チャットに値上げして7人分420万チャット、鉄製のイスとテーブル4人掛けを10セット60万チャット、黒板5枚15万チャットを寄贈し、更に奨学金予備の口座に200万チャットを入れ、総額695万チャット寄贈しました。
今年も本村千鶴子さまとオリーブの会さまより
奨学金の一部を補助していただいております。

毎年行う僧侶への御布施。

最後に大仏さまの前で記念撮影しました。

奨学金活動を記念した学幸パゴダに綺麗な花が活けてあり、嬉しくなってしまいました。

3ヶ月前に、バガン仏教遺跡の近くにエレファントキャンプができたので、寄ってみました。

エヤワディ河で水浴びする象たち。なかなか壮観です。

象は背が高いので、高い台から乗ります。

子象も付いてくるのが、可愛い。

バガン仏教遺跡のアーナンダ寺院にて。

バガンにある日本人戦没者慰霊碑へお参り。

 馬場氏がミャンマーで体験した乗り物

馬車。バガンでは以前はこれが中心でしたが、
随分減りました。

牛車。農村では、まだよく見かけます。

タイから輸入されたトゥクトゥク。
この1年で急速に普及しました。

昔ながらのサイカー。これも減りました。

サイドカー。急速に増えました。

ミャンマー伝統医学大学に、鍼灸用針を1万5千本、モグサ10kgを寄贈しました。今年も角本商会さまより、針1万本、モグサ5kgを協力いただいております。
その他、ヤンゴンでもオウンミン氏が所属するボランティア団体に鍼灸用針5千本、モグサ2kgを寄贈しました。

ヤンゴンに戻り、カラウェイパレスで夕食。カラウェイ(ガルーダ)の首が巨大なので、ラドンの実物大かギャオスの実物大かと、馬場氏と議論してしまいました。

夜のカラウェイパレス。

食事はビュッフェスタイルで、ミャンマーの音楽や踊りを楽しめます。

暑さと疲労と食べ過ぎで腹を壊した馬場氏。
人参湯と藿香正気散を飲ませ、鍼治療をしています。

5月3日夕方、列車でヤンゴン駅を出発。モウラミャインに向かいます。イギリス統治時代のヤンゴン駅。

列車の内部。昔ながらのエアコンなしで、扇風機が回っています。

翌朝4時半、モン族の古都モウラミャインに到着。世界最大の涅槃仏を観に行きました。
全長200m!私はこの涅槃仏を戦艦大和級と呼んでいます。(本当の大和は263m。) すぐ向かいに新しい涅槃仏が建造中で、こちらは300mだそうです。私は宇宙戦艦ヤマト級と呼んでいます。(宇宙戦艦ヤマトは333m。)
そのうち3番艦ならぬ3番仏が造られ400mならアンドロメダ級と呼ぼうと思っていますが・・・。

5月5日、朝4時半にモウラミャインをタクシーで出発。6時半過ぎに、国境の町ミヤワディに着きました。国境の検問所です。

出国ゲートに並ぶ人々。

国境にかかる橋の中央。ここがミャンマーとタイの国境線です。歩いて国境を通過しました。

今年も様々な方々の協力で活動を終えることができました。毎年針とモグサを寄贈して下さる角本商会さま、奨学金を補助して下さる本村千鶴子さま、オリーブの会さま、通訳のティンエイさん、オウンミンさん、スージーパン僧院のお坊様方、先生方、伝統医学大学の先生方、本当にありがとうございました。

この後のタイ旅行記はこちらから